Charm

神社結婚式の魅力

いつまでも変わることのない本物の価値を求めて、今、神社で結婚式を挙げるおふたりが増えています。
緑豊かな杜。大きな神木、苔むす神池、歴史を刻む鳥居や灯籠。日本の永い歴史の中で幾星霜を重ねても決してその価値を変えることなく在り続ける日本人の心が宿る場所。それが神社なのです。
神社で結婚式を挙げる方のなかには、親子二代、三代にわたってなど、親子代々が同じ場所(神社)で誓いを立てる方も多くいます。おふたりのこころを重ね合せることはもちろん、ご両親やご家族同士のこころも重ね合せながら、神聖なる神域のなかで気持ち新たに厳かな挙式ができること。それは日本古来の伝統を受け継ぐ神社でこそ叶えることのできるものなのです。流行やファッションとしてのイベントではなく、ふたりと家族のこころを結ぶ日本の結婚式、そこも神社結婚式の魅力です。

「神前結婚式」とは

新郎新婦が、神様の前で三三九度の杯を交わし、夫婦になることを誓う「人生儀礼」(※) の中でも特に重要な慶事です。昔は新郎(または新婦)の自宅で行うのがならわしでした。一般の神前結婚式の歴史は新しく、明治33年の皇太子嘉仁親王(大正天皇)のご成婚をきっかけとして、明治34年に行われたのが最初です。神前結婚式では、式場入場のあと、斎主による修祓の儀と祝詞奏上が行われます。次に新郎新婦が三三九度の杯を交わす三献の儀、指輪交換の儀、誓詞奏上、玉串奉奠を行い、神様へ夫婦になることを誓います。その後、親族杯の儀、斎主の祝詞があり、退場というのが一般的な式の流れです。

「人生儀礼」とは
人間がこの世に生を受けてから、一生を終えるまでの間に行われる節目の行事をいいます。結婚・懐妊・出産・初宮参り・七五三・成人式・厄年・還暦・喜寿など長寿の祝いなど…これまでの人生に感謝し、新たな一歩を踏み出す瞬間、誕生から長寿のお祝いまで、節目ごとに感謝の祈りを捧げ、気持ち新たに誓いをたてます。

神社結婚式の魅力神前式の流れ仏前式の流れ和婚 Q&A

LINEで簡単ウエディング相談【24時間受付中】
PAGETOP